専業主婦の方でも借り入れできる銀行カードローンについて

専業主婦が借り入れをしようとする場合はちょっと注意が必要です。どんなところでも借り入れができるわけではないからで、消費者金融などのノンバンクのカードローンに申し込もうとしても基本的に受け付けてくれません。これは、ノンバンクだけに適用される規制があるからで、ある一人の人が借り入れすることのできる金額の上限を、その人の年収の1/3までに制限するというものです。
ここでの借り入れは1社だけに限ったものではありません。全てのノンバンクを含みます。その人がどこからどれだけ借りているかは、実は個人信用情報機関というところに全て登録されており、そこに問い合わせることで分かる仕組みになっています。
また、個人の年収など分からないのではないかという疑問もあるかもしれませんが、これは借り入れ額がある程度以上の金額であるときには収入を証明する書類を提出させることで確認されています。このような規制があるわけです。
ところが、専業主婦の場合、そもそも本人には収入がありません。年収は0円です。となると、当然ながらこの規制の下では専業主婦は一切の借り入れができないということになるのです。審査も何もあったものではなく、いわば門前払いです。
しかし、この規制がかかっているのはあくまでノンバンクだけで、銀行は規制対象外です。ですから、収入のない専業主婦であっても、夫に収入があるのであれば、銀行カードローンからは借り入れできる可能性があるのです。